2019年4月2日火曜日

望月澄人「マサカヤ亭奇譚(きたん)」原画展4/28~5/26

「マサカヤ亭奇譚」は2015年に他界した作家、望月澄人が
1985年に発表した童話ファンタジーで
本文だけでなく挿絵もすべて本人が描いております。
今回はその挿絵の展覧会を行います。

望月澄人は1973年東京芸大美術学部を卒業し
その後、人形、オブジェ制作、テレビや舞台の美術などを手がけ
1990年代からはCG作家としても活動し
札幌市立大学教授に就任しました。

主人である望月澄人が亡くなってから、
彼の作品展をやりたいとずっと思っておりましたが
私も忙しく、なかなか進めることができませんでした。
そんな中、昨年に主人の弟さんより連絡があり
以前に出版した「マサカヤ亭奇譚」の原画が
額装された状態で実家の物置で見つかったということでした。
それで、そちらの原画を送っていただき、
ご近所の小春堂さんで原画展をさせて頂く事になりました。

私が「マサカヤ亭奇譚」を初めて読んだのは
30年くらい前になりますが
子供の頃に好きだった児童文学の「ドリトル先生」シリーズを
思い出すような不思議な世界のお話でした。

一風変わったキャラクター達もとても魅力的であり
木炭、色鉛筆、パステルなどによる挿絵も
味わいのある素敵な絵ですので
しまっておくのはあまりにももったいなく、
今回展覧会をする事に致しました。

小春堂さんは小さなお店ですが
お店のご主人が自分で作ったお店なので
とても風情があります。

昼はパスタなどのランチや
夜はお酒もやっております。

下記の要領で開催しますので
魅力あふれるマサカヤ亭の世界をコーヒーと共にお楽しみください。

・2019年4月28日(日)~5月26日(日)
 土曜、日曜、祝日開催
(10連休の5/1,5/2と平日はお休みになります)

・会場:Cafe &Bar 小春堂
 札幌市南区藤野4条9丁目7-3
 TEL:090-8636-8477

・営業時間:10:30~17:00, 18:30~23:00
 (21:00以降のご来店は要連絡)

・観覧料は無料ですがワンオーダーはお願いします。






・交通アクセス
・札幌駅から じょうてつバス 約50分
札幌駅バスターミナル中レーン12番のりば
「定山渓温泉」または「豊滝」行き
「藤野3条8丁目」バス停下車 徒歩5分

・地下鉄南北線 真駒内駅から
真駒内駅4番のりば 
じょうてつバス 約20分
「定山渓温泉」または「豊滝」行き
「藤野3条8丁目」バス停下車 徒歩5分

・お車の場合
札幌駅から 約30分
国道230号(石山通)を定山渓方面へ
藤野3条9丁目の交差点(そば関屋が目印)を左へ
道なりに進んだカーブの右側のお店


主催:よこすかれいこ 
問い合わせ:sumittoart@gmail.com
もしくはこちらのブログの連絡フォームからお願いします。

2019年3月18日月曜日

うちの庭にやって来た動物たち

撮影のクオリティはあまりよくはないけれど
うちの庭にやって来た動物たちです。
見てやってください。

・エゾリスちゃん
リスは引っ越して来た頃から何度か見てるのだけど
これはやっと撮れた奇跡の一枚。
















・最近よくきてるキツネ
顔の写真が撮れたのは最初だけだったなあ。
あとはずっと後ろ姿しか撮れない。。








































・アカゲラも時々やって来ます。
アカゲラはキツツキの仲間なので
春先の公園などでは木の幹を突くドラミングの音が
響いているのが素敵です。
でもうちの庭ではやってませんね〜。






















この他に写真には撮れなかったけど
たった一度だけ、テンかイタチのような動物も見た事がある。



2019年3月10日日曜日

2019年4月7日「小アニメーション大感激祭part21」

「小アニメーション大感激祭part21」

日時:2019年4月7日(日)大安吉日
   開場11時 
   開演11時30分〜(終了予定15時)

会場:道民活動センター「かでる2,7」10階1040会議室
   (札幌市中央区北2西7)
入場料金:600円

「小アニメーション大感激祭」は、文字通り「小さな規模で作られたアニメーションで作家とお客さんが一緒に大きな感激を共有しよう!」というコンセプトで1992年から続いている(おそらく)北海道で最も歴史の古いアニメーション映画祭です。
 プロからアマチュアまで、選考なしで、日本全国から集まった様々な種類のアニメーションに出会えます。
facebookページhttps://www.facebook.com/daikangeki.japan/


こちらで「メタモルフォーゼ」(2008年制作 3分47秒)を上映していただきます。
一羽の蝶から始まり、泡、炎、煙、雲へと様々に変容していく様子を描いています。
1分以上の自主制作は気がついたら13年ぶりになっていました。。


















今回は日本アニメーション協会に所属する会員有志による「7」をテーマにした15秒アニメーション「絶対15秒アニメーション」(2017) の特別上映もありますよ〜。
個性豊かな39作品のオムニバスアニメーションです。
この中では「7つ目人」というアニメを制作しました。
















どうぞ見にいらしてくださいませ。





2019年2月4日月曜日

キツネの足跡

買い物へ行く途中の雪山にキツネの足跡が。

よく見るとあっちにもこっちにもあるので
一匹じゃないのかもしれない。

もしもドローンで上空から見たら
民家の間を通る
キツネたちの道が綺麗に残っているだろうな。





2019年1月14日月曜日

午前7時の訪問者

冬になってから

庭の雪の上に

小さな足跡が残るようになっていた

猫かキツネかなと思っていたら

昨日から

その訪問者が姿を現してきて

今日は

私の姿を見て

ずっとこちらを見ていた

その姿が

とても不思議で

何かを訴えているように感じる

エサが欲しいのかもしれないけれど

餌付けは出来ないので

このキツネちゃんに

ちょっと絵のモデルになってもらいました。




次の日には

ネズミをくわえて庭を横切っていった。

どこで捕まえてきたのだろう。。




2019年1月7日月曜日

明けましておめでとうございます

遅ればせながら
明けましておめでとうございます

今年のお正月は
娘が帰ってきたり
ご近所さんに遊びに行ったり
なかなか楽しく過ごせました。

今年も良い一年になりますように。


2018年12月29日土曜日

今年もお世話になりました

今年は久しぶりに新作を作ったり
上映会の企画をしたりして
とてもたくさんの方に助けていただきました。

上映会はやっぱり楽しいですね!

みなさま、お世話になりました。


良いお年をお迎え下さい。